samusic

samusic

音楽と韓ドラ・日常の記録

【韓国ドラマ】「鉄の王キム・スロ」男気溢れる、伝説の英雄キムスロが多くの試練を乗り越え、伽耶国の王になるまでを描く痛快時代劇!

チソンのムキムキの肉体美が拝める!時代劇初心者におススメの分かりやすいストーリーで、サラッと見ることができる紀元一世紀初めの物語。 

鉄の王 キム・スロ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送

作品詳細

「鉄の王キムスロ」

制作:2010年/全32話(GYAO!

出演:チソン、ペ・ジョンオク、ユ・オソン、ソ・ジヘ、コ・ジュウオン

予告動画


www.youtube.com

あらすじ

狗耶国は優秀な鉄器製造技術によって栄えているが、9つの村の部族長たちの合議制で成り立っていて王がいない国だった。北方から来た女の息子が王になるという予言を受けた祭司長イビガは、乗った船が難破して流れ着いたチョンギョンをその女だと考え求婚する。チョンギョン妃も自分の子が王になると信じ、イビガを受け入れてイジンアシを産み、王になる教育をほどこしていく。だが、予言の主はチョンギョンが産みながら、難破船で死んだと思ったスロのことであった。浜で拾われたスロは鍛冶長チョバンの子として優秀な鍛冶職人に成長していく。スロは自分が王になるなどとは思っていない。だが、運命は彼に王への道を示し、数々の試練を与えていく。やがてスロを中心に、自分が王になると信じるイジンアシと部族長のひとりシングィガン、ひそかに野望を燃やすソク・タレも加わって熾烈な戦いの幕が開ける。さらに、アヒョ、ファンオクとの恋模様が物語に彩りを添える。

引用元:BS日テレ - 韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ」番組サイト

評価&感想

総合評価:★★★☆☆

鉄製技術が栄えてる狗耶国には王がおらんからバラバラで、誰が王になるかみんなが牽制し合ってるところから、王が即位するまでの話。ストーリー的には結構迫力もあるし、村人の様子とかもリアルで面白い。総制作費200億ウォンということもあってその時代の臨場感がしっかり描かれてるな~っていう印象やった。個人的には面白かったし、時代劇がまた好きになるような内容やったんやけど、キャストが微妙すぎてちょっと残念。特にソク・タレとアヒョ役がハマってなかったかな~と。

 

チソン目当てで見始めたんやけど、最初6話は子供の頃の話から始まるから、チソンが出てくるのは6話の中盤。子供の頃のシーンもしっかり見ておくべきポイントが結構あったから、チソン目当ての人は少し我慢の時間かも(笑)チソンは王になるって予言を受けたスロっていう役で、難破船で死んだとされてたんやけど生きてて鍛冶長の息子として成長していく。実母は生きてるって知らん状況。ここから話はすでに複雑になっていくの分かるよな。

MBC모바일 | GO! MBC

大人になったスロは突然出てくる。急にチソン登場して心臓止まるかくらいびっくりしたし、登場シーンかっこよすぎてにやける(笑)大人になったスロが出てきてすぐに、アヒョとの禁断の恋が始まったり、狗耶国の王座争い以外の話も結構濃密で面白くなってくる!

 

私はアヒョの表情が悪者にしか見えんくってあんまり好きになれへんかったんやけど、スロはアヒョが好きで好きで、二人でこそっと会ったりして仲を深めていく。でもアヒョは敵国の偵察に来ている王女やからスロが好きやけど先に進めず、我慢しようとするのが可哀想やなと思った(あんまり好きじゃなかったけどw)。どの時代になっても身分差は簡単に埋められへんのが悔しいよな。

 第26話 | 鉄の王 キム・スロ | 動画配信/レンタル | 楽天TV

スロはアヒョの正体を知らんから好きになっていくし、二人の恋は深まっていくけど停滞状態の時に、ソク・タレがスロを国から追いやる計画をたてて、スロの試練の日々が始まっていく。この試練でスロは奴隷として働いたりするんやけど、肉体美が素敵すぎて、内容はツライのにずっと見てられる(笑)

鉄の王 キム・スロ(続き) : ぐわぐわの韓流まっしぐら~

その後もいろんな残酷な戦いがあったり、スロの恋がどうなっていくのかも観ていて面白い!私は最初から最後までファンオクが綺麗で可愛くてめっちゃ好きやった^^性格もしっかりしていて芯が通ってるし、スロにも自分の意見を曲げずに伝えるし、すっごい良い役!

 鉄の王 キム・スロ」(1~20話): かたすみでひっそりと・・・part2

あとは、スロの実母な。あの人はスロが自分の子供とは知らんからイジンアシを王にしようとスロにひどいことばっかりする。自分の息子って知るときが来るんやけど、そんときの態度の変化には驚きを隠せへん。こんな権力を使って態度を変える親最低やなーって思った。

 

それに対してスロの養母は、健気で子ども思いな素敵なお母さんやった。後半、すごいツラすぎる状況に陥るんやけど、スロの為に頑張って耐えてる姿が本物のお母さんやなって思った。あの場面は観てて辛かったし、シングィガンが余計嫌いなる。

💕ステキなチソンさん Twitterren: "Gyaoでゆっくりキム・スロ を見ています😽そして太陽をのみ込めも😍二ついっぺんに見ているといろんな魅力を見付けるけど、ハマりにくいのね(^O^;)#チソン#鉄の王キム・スロ…  "

最後まで、いろいろなことがありすぎて、まだ王が決まらんの!?ってもどかしくなるけど、チソンの演技力がやっぱり圧巻で引き込まれる。大人になって間もないスロは、若々しくて自由奔放に生きてる感じが分かるんやけど、髭が生えてからのスロは頼もしくてどっしりした信頼感のある人柄に成長していく。やっぱりあの演技力はさすがやな~と思った。

 

ネタバレ感想

※ここからネタバレあり※

f:id:samusic:20210520135852p:plain

この物語はうまくいかんことが多くて、王になるまでのスロにとっては試練ばっかりの人生なんやけど、その中でもやっぱり一番ツラかったのは、養母の人質かなあ。お父さんを殺したシングィガンがお母さん脅して妻にして、スロの事を息子って呼ぶ。キモすぎたわ。

 

シングィガンが死んで、スロが王になる前のファンオクが行方不明になるところもスロにとっては辛いけど、不安で「王にならない!」とかわがままになるスロは可愛かった(多分そんなん思うんチソンファンだけw)会えた時のスロの笑顔にこっちまでホッとするし、ファンオクがスロに奥さんとして接してるときは「知ってるワイフ」のときのチソンを思い出させる演技やった(笑)

 

てか、奴隷やったときのスロがファンオクに助けてもらって、アヒョがそこに来た時から考えたら、ほんまにファンオクって健気でいい女性。スロが違う女の人を好きな時からずっと一途に思ってたんやからすごい。ファンオクの恋が実ってよかった!

チソン主演韓国時代劇「鉄の王 キム・スロ」第21-25話あらすじと見どころ、BS11|予告動画 - ナビコン・ニュース

それよりもアヒョの許せん事がひとつあって、ファンオクのお父さんが殺されたきっかけってアヒョが来てること教えたからやし、そこはスロにちゃんと伝えてほしかったし、アヒョが罪を償うような場面が欲しかった。私の中でアヒョは最初から最後まで悪者の印象で終わってしまった。なんであんな子が好きやったん?スロ?ってずっと思ってた。そこだけは、ずっともやもやするストーリーやった。

 

最後の最後までうざかったソク・タレに関しては、アニとの恋物語そんなにいる?!ってなった(笑)アニの描写もアヒョが死ぬまで全くなくて、変な感じやった。ソク・タレがなんで好きになったんかも分からんし、無理矢理な設定の感じやった。

 

まあ、なんといっても最後の最後、スロが158歳に死んだっていう衝撃の生命力に物語の内容一瞬で飛んだわ(笑)

 

まとめ

時代劇好きな人には是非おすすめしたい作品!あと、チソンが好きな人にも絶対観てほしい^^私はGYAO!で期間限定無料配信してるときに観たけど、もう期間終了しちゃってるから、観たい人はFODで見放題無料配信をしてるから2週間のお試し登録してみるのがお勧め!

 

若かりしチソンがキラキラ輝いた演技をしてるところは、一瞬で引き込まれること間違いなしです!チソンの肉体美をご覧になりたい方は是非~